鎌田 純子「カイト」comment by 良(Ryo)

まずまちがいなく聴いてもらえるであろう1曲目、カマジュンこと鎌田純子。
彼女の楽曲を聴いて、「STREVO 1」購入に手が伸びた人も多いと思う。そう言った意味では前評判通りの動きを見せてくれた彼女に感謝だし、1曲目に選出してよかったと思う。
実は今回「STREVO 1」には、シュンと言う、欠かすことの出来ないヤツがいる。
「STREVO 1」のサウンドプロデューサーであり、STEREONのリーダーでもあり、鎌田純子のサポートギタリストでもある彼。
カマジュンの楽曲のクオリティの高さの何%かは、シュンありきであるし、逆に数々の名曲の生まれてくる環境をカマジュンは持っている訳だ。
そんなカマジュンの目下の目標はもちろん、さらに上のアーティスト。
なかでもボーカルに対しての意識が非常に高い。「もうじゅうぶんじゃん」と思う人もいるだろうが、地味な努力を惜しんではいない。
カマジュンの音楽環境や向上心を知るにつけ、彼女の今後を期待してしまうのは僕だけではないだろう。
そんな彼女のこれからは、やはり初期値の高さからくる難易度を越えられるかどうかと、何より本当の意味での「個性あるアーティスト」への変身が必要だ。たとえば出だしのイッパツで「鎌田純子の曲!」とだれもが理解できるとか、この手の歌は鎌田純子がピカイチだよねとか。
逆に、そうじゃないと、ただの「歌のうまい人」で終ってしまう可能性だってある。
これらは、何もカマジュンに限ったことではないのだけれど、とりわけ彼女の素直さがどちらに転ぶかは興味が深まるところ。はじめの1ミリが後を大きく左右しそうだ。
特に「個性」と言ったものは、そうそう簡単に醸し出せる訳ではなく(いとも簡単に溢れてるうらやましいヤツもいるが)本来なら、そーとー時間がかかりそうなのだが、どうやら何かをつかみかけているようだ。
「カイト」よろしく、高く高く舞い上がるかどうかを、ぜひ楽しみにしていて欲しい。
あ、そうそう、カマジュン。君のそのサバサバした性格は、見習わせて頂きます。(笑)


鎌田純子 ホームページはコチラ(for PC only)

前へ 一覧へ 次へ