はたぼー「小さな街の恋物語」comment by 良(Ryo)

実年齢よりも、かな〜り若く?幼く?見えるはたぼー。
そんなはたぼーの、もっともおしゃれな部分で収録してもらったこの曲。
自信を持って、2曲目にチョイスさせて頂きました。
はたぼーと言う名前から想像するいろいろがあると思うけれど、ほぼその通りだと言ってもいいんじゃないかなぁ。事実、ストリートではたぼーが歌っていると、どういう訳か、ちいさなリスナー(2〜3歳の子とか小学校低学年の子とか)が寄ってくる。
それは、やっぱり魅力なのだけど・・・さて、どうしようか?
そのまま、はたぼーという響き通りのキャラを追及していくのか、はたまた、もっとおしゃれになるとか、サイバーチックになってみるとか、いま、はたぼーの「次のはたぼー探し」が始まっている。
僕自身は、おしゃれ感漂う、たとえば渋谷系なんかに挑戦することを薦めてみたのだけれど、どこへ向かうべきなんだろうか・・・。
その答えを得る方法は、歩き回るしかない。
考えてたって、何が正しいかなんてわからないのだ。偶然はあってもね。
だから、しばらくしんどいと思う、はたぼー。
でもそれは、次のはたぼーと出会えるまでのしんどさだ。
はたぼーファンは、その紆余曲折のすべてを間近で見ていて欲しい。
きっと、彼がソレを見つけた時に、それをそばで感じてきた人達も、それぞれに何かを見つけることが出来るだろうから。
はたぼー、負けるなよ!「小さな街の恋物語」が、はたぼーの最高峰で終らぬことへ、応援する意味でも、僕も僕自身の挑戦を続けることを約束する!
さぁー、もうひとつ山登って、頂きで笑おうぜっ!

はたぼー ホームページはこちら

前へ   一覧へ   次へ