藪下 将人「Superstar」comment by 良(Ryo)

薮ちゃんが、まだユニットを組んでいた時のこと。
そりゃあもう、すごい人気で、ライブにもお客さんがどかどか詰めかけてる状態だった。
で、期待して観た彼ら(当時のユニット)の演奏は、とてもお粗末なものだった。
曲がどうとか、ステージングがどうとか言う前に、音楽に取り組む姿勢がまるでなかったのだ。ひとことで言うと「なめてる」感じが伝わってきた。
当時まだ、はなっぱしらの強かった僕は怒り心頭で「もう、君らの演奏は聴きたくないから、二度とミノヤホールに来るな!」と怒鳴りつけた。
(※ミノヤホールは、僕と上田氏とで運営しているライブハウスです)
で、彼らはいなくなり・・・どれぐらい経ったろうか、ユニットは解散し、その内の一人が舞い戻ってきた。それが、何を隠そう薮下将人なのだ。
僕は、ひとつ返事でウェルカムだったし、とてもうれしかった。
あれだけ厳しい言葉を浴びながら、後に舞い戻ってくるのは、並大抵の決意ではないことは明らかだったし、なによりソロになって、かなりのことを学んできたことが、本人からひしひしと伝わってきたからだ。
で、彼はなんとなく「スーパースター」。曲も「スーパースター」。
一見、おちゃらけたように思えるかもしれない裏には、しっかりとしたものを持ち、それでいて、みんなの憧れであろうとする姿は、微笑ましくも頼もしい気さえする。そんな風に好意的に彼を見ている人は多いと思う。
事実、彼はあちこちでかわいがられ、気付けばテレビ、ラジオ、イベント、ライブにひっぱりだこだし。
あえて、彼に言うなら・・・「違いのわかるスーパースターになれ!」・・・かな。

薮下 将人 ホームページはこちら

前へ   一覧へ   次へ